不動産売却の流れ
仲介・買取って何?
契約の種類は?
不動産売却の相場
高松で不動産売却に対応している会社リスト

閉じる

初心者でも安心!高松の不動産売却ガイド » 仲介・買取って何?

仲介・買取って何?

このページでは不動産売却の際の仲介と買取の違い、それぞれのメリット・デメリットについてご紹介します。

仲介と買取はどう違う?

不動産を売却する際には、2つの方法「仲介」と「買取」があります。

「仲介」は依頼を受けた不動産会社が間に入り、売却希望物件の情報を一般に公開し、買い手を探してくれる売却方法です。この「仲介」によって売買が成立した場合、売り手は不動産会社に「仲介手数料」を払います。

一方「買取」は、不動産会社が買取のための売却希望物件の査定をした後、売り手がその価格に納得すれば、その金額で不動産会社が買い取ってくれるというものです。仲介で売れなかった物件は、最終的には買取をしてくれるという保証がある不動産会社もあります。

仲介・買取のメリット・デメリット

仲介のメリット

「仲介」の最大のメリットは、売却の際市場価格で売ることができるというところです。相場に沿った価格なので、思い通りの金額ではないかもしれませんが、その時期のマーケットに見合った価格になるケースが多いでしょう。また自分の不動産の価値を理解してくれる買い手をじっくりと探すことができるという利点もあります。

仲介のデメリット

デメリットは、いつ売却できるのかがわからないという点。相場より安い物件は早く売れやすく、より高い物件は売れにくい傾向がありますが、仲介では相談/査定依頼から、売却成立まで平均で3〜6ヶ月ほどかかることが多いようです。買い換えなどで次の物件を購入する予定があり、ピンポイントのタイミングや売却期限がある場合には注意が必要です。そのようなときは、依頼をしている不動産会社に売却価格と売り出しの時期についてのアドバイスをあらかじめもらうことが大切です。

買取のメリット

「買取」の最大のメリットは不動産会社の査定額に納得がいくのであれば、すぐにでも物件を現金化できるところです。「誰にも知られず売却を終えたい」「仲介に時間をかけられない」「売却時に必要な仲介手数料などの経費を払えない」「築年数が古く、市場での需要があるかどうかわからない」「長期にわたって売却できない物件を抱えている」などといった理由を抱えている人にも、買取は向いているでしょう。

買取のデメリット

一方「買取」のデメリットは仲介に比べて売却額が安くなる可能性があることです。これは不動産会社が、買い取った物件をハウスクリーニングやリフォームすることで付加価値をつけ、市場価格で再度売ることにより利益を得るからです。また売れない場合は不動産会社としては在庫を抱えることとなり、維持費なども発生するといったことも考慮されての金額となります。

早く売ってくれるのは!?高松の不動産売却業者3選

松野不動産

最短の売却スピード

2~3カ月
(電話調査より)

公式サイトで
無料査定を受ける
公式サイトで
無料査定を受ける

ハウシード

最短の売却スピード

1~2カ月
(公式HPより)

公式サイトで
無料査定を受ける
公式サイトで
無料査定を受ける

東洋総合開発

最短の売却スピード

半年
(電話調査より)

公式サイトで
無料査定を受ける
公式サイトで
無料査定を受ける
                           
                               サイドバー画像
                           
高松で不動産業者を選ぶなら、その地域の物件情報や相場を知り尽くした地元の不動産業者がおすすめ。ここでは、創業10年以上の不動産売却業者を5社ピックアップし、気になる売却スピードの速さで比較してみました。
                           比較表はこちら