不動産売却の流れ
仲介・買取って何?
契約の種類は?
不動産売却の相場
高松で不動産売却に対応している会社リスト

閉じる

初心者でも安心!高松の不動産売却ガイド » 契約の種類は?

契約の種類は?

このページでは、不動産売却の際に知っておきたい、依頼者と不動産会社との間で結ぶ契約の種類についてご紹介します。

媒介契約について

不動産会社に正式な不動産売却の依頼をするときには、「媒介契約」というものを締結します。媒介契約には3つの種類があり、自分の希望する仲介サービスの内容によって、合ったものを選ぶようにします。

一般媒介契約

「一般媒介契約」は、複数の不動産会社に同時に依頼をすることができる契約です。複数社にお願いをすることで不動産会社間の競争が高まる可能性もあり、早期売却につながるメリットがあります。また依頼主が直接探し出してきた買い主とも、不動産会社を通すことなく売買契約を結ぶことができる点も覚えておきましょう。

「一般媒介契約」は、複数の不動産会社のメディアに依頼物件が載りますが、これは一見売却の可能性が増えるように見えて逆効果の場合もあります。いろいろなところで一定期間露出してしまうと「なかなか売れない物件」のイメージがつくこともあるので、数を絞って依頼をしましょう。

専任媒介契約

「専任媒介契約」は仲介を1社の不動産会社のみに依頼する契約で、依頼者にとっては拘束力の強い契約です。そのことから、契約の有効期限は3ヶ月となっていて、専任媒介契約を締結した不動産会社は、7日以内に仲介依頼を受けた物件の情報をレインズに登録する規定があります。

また不動産会社は依頼者に、2週間に一度の仲介活動報告をすることが義務付けられているので、定期的に状況確認をすることができます。こちらも一般媒介契約同様、依頼主が買い主を探すことが可能です。

「専任媒介契約」の不安要素としては、1社に託すことで、物事が不透明になってしまう点なので、心配な場合は「一般媒介契約」を選択してもいいでしょう。

専属専任媒介契約

「専属専任媒介契約」は、売却の仲介を1社の不動産会社のみに依頼ができる契約です。自分で買い主を見つけてきた場合も、依頼をした不動産会社を通しての取引が、契約上義務付けられているところが、他の2つの契約と異なる点です。

こちらも非常に拘束力の強い契約となるので、契約の有効期間は3ヶ月、レインズへの物件登録は契約の締結日から5日以内、売却活動の報告は1週間に1回以上と、依頼者を不安にさせないような義務付けがされています。

媒介契約の種類まとめ

物件の早期売却を目指している場合は、1社に全ての責任がかかってくる「専属専任媒介契約」がおすすめです。契約期間にリミットがあることと、プレッシャーがかかっている分、不動産会社もスピーディーに動いてくれます。中でも地元密着型の不動産は、独自の販売ルートや他社とのネットワークが確立されているので、信頼ができます。

早く売ってくれるのは!?高松の不動産売却業者3選

松野不動産

最短の売却スピード

2~3カ月
(電話調査より)

公式サイトで
無料査定を受ける
公式サイトで
無料査定を受ける

ハウシード

最短の売却スピード

1~2カ月
(公式HPより)

公式サイトで
無料査定を受ける
公式サイトで
無料査定を受ける

東洋総合開発

最短の売却スピード

半年
(電話調査より)

公式サイトで
無料査定を受ける
公式サイトで
無料査定を受ける
                           
                               サイドバー画像
                           
高松で不動産業者を選ぶなら、その地域の物件情報や相場を知り尽くした地元の不動産業者がおすすめ。ここでは、創業10年以上の不動産売却業者を5社ピックアップし、気になる売却スピードの速さで比較してみました。
                           比較表はこちら