不動産売却の流れ
仲介・買取って何?
契約の種類は?
不動産売却の相場
高松で不動産売却に対応している会社リスト

閉じる

初心者でも安心!高松の不動産売却ガイド » 不動産売却の流れ

不動産売却の流れ

このページでは不動産売却の際に知っておきたい、会社探しから物件引渡しまでの流れについてご紹介します。

不動産売却の流れをステップごとに解説

ステップ1:会社を探す

不動産を売却するには、まず信頼ができる不動産会社を探すことから始めましょう。会社によって得意不得意があり、売却活動内容や経験・実績にも違いがあります。できるだけたくさんの情報を集め、自分に合った会社のリサーチをしっかりとすることが大切です。

ステップ2:査定を出す

不動産会社が見つかったら、売却希望物件の査定を依頼します。実査定の前にオンライン上での簡易査定を行っている会社もあるので、先に利用してみてもいいでしょう。

物件価格について多くの意見を聞くことは有益なことなので、複数社に依頼して相場を知り最終的に依頼する会社を選びましょう。

ステップ3:仲介を依頼する

不動産会社に正式に売却依頼をする際は、媒介契約を締結します。

媒介契約には「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類があります。依頼を検討している不動産会社の数や特徴・自分の希望する売却方法を吟味して、どの契約を結ぶのかを決めましょう。

ステップ4:売りに出す

不動産を売りに出す時に一番重要になってくるのは、価格です。

高ければいい、低ければいいというわけではないので、不動産会社の査定額とその根拠、近隣エリアの売却事例・制約事例、中古不動産市場の近年の動向などをしっかりと踏まえた上で、慎重に決めることが大事です。

ステップ5:購入希望者と交渉

物件の購入希望者が現れたら、交渉をする場合もあります。メインとなる価格交渉は、下限価格より上で売り出しをしている場合は、状況によっては応じてもいいでしょう。

引渡し時期についての交渉が入った場合は、価格とセットで交渉することが大事です。交渉が持ちかけられてもすぐに妥協はせず、不動産会社の担当者に買い主の真意を探ってもらいながら、どう対応していくかを相談する必要があります。

ステップ6:売買契約

売買条件に買い主が合意したら、売買契約を結びます。一般的に物件価格の10〜20%ほどの手付金が支払われるようになります。

いったん契約を締結すると、簡単には解除することはできないので、事前に契約内容をしっかりと確認しておくことが重要です。

不動産会社にも説明義務はありますが、わからないものはそのままにせず、その都度確認を取りながら話を進めていきましょう。

ステップ7:不動産を引き渡す

不動産の引き渡し手続きでは、売買代金の受領のほか、抵当権の抹消と所有権の移転を登記する必要があります。司法書士に依頼して行いますが、自分でも流れを把握しておくことが大事です。

このほか、固定資産税・都市計画税・マンション場合は管理費の精算も必要となってくるので、引き渡し前と引き渡し後、日割りでいくら払う必要があるのかも、念頭に入れておきましょう。

早く売ってくれるのは!?高松の不動産売却業者3選

松野不動産

最短の売却スピード

2~3カ月
(電話調査より)

公式サイトで
無料査定を受ける
公式サイトで
無料査定を受ける

ハウシード

最短の売却スピード

1~2カ月
(公式HPより)

公式サイトで
無料査定を受ける
公式サイトで
無料査定を受ける

東洋総合開発

最短の売却スピード

半年
(電話調査より)

公式サイトで
無料査定を受ける
公式サイトで
無料査定を受ける
                           
                               サイドバー画像
                           
高松で不動産業者を選ぶなら、その地域の物件情報や相場を知り尽くした地元の不動産業者がおすすめ。ここでは、創業10年以上の不動産売却業者を5社ピックアップし、気になる売却スピードの速さで比較してみました。
                           比較表はこちら